re_20150623_153723


前回の記事では、最も多いケースとなる、日本円から香港ドルへの両替をする際のレートの見方についてご紹介しました。

両替レートの見方のキホン①〜日本円から香港ドルに変えるBUYレート〜

今回はその逆、香港ドルを日本円に変える時のレート、SELLレートの見方についてご紹介します。ついつい多めに両替してしまった、かといって香港ドルを持っていてもしょうがない、という場合には日本円に戻す必要がありますね。

ただ、両替店は基本的にBUYレートとSELLレートの差額で儲けるビジネスですので、通常は前に持っていた日本円よりも少なくなってしまいます。

余談ですが、両替店は結構おいしいビジネスです。両替店の利益は主に以下の2つで成り立っています。

1.両替サービスにおけるBUYレートとSELLレートの差

いわゆるビッド・オファー・スプレッドですね

2.送金サービスにおける送金手数料

いわゆる地下銀行です。
両替店に現金を持ち込み、「◯◯の口座に送金してください」と依頼すると、いつの間にか送金されています(笑)。それがたとえ香港の銀行であっても、中国の銀行であってもです。この送金サービスは多額の資金を扱うことも多く、ここからの手数料(1%〜5%くらい)はかなり大きいと思います。尚、この送金サービス(地下銀行)について色々と勘違いされている方も多いですが、香港内では全く違法ではありません。

固定資産がほとんど無く、お金を動かすだけで利益が出るのですから、香港に両替店が多いのもうなずけますね。

この両替店ビジネスについてはまた別の記事でご紹介したいと思います。


既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。

hsbc_unfreeze_01

SELLレートはあなたが外貨(日本円)を買う(受け取る)時のレート


少し話がずれてしまいましたが、こちらは前の記事でもご紹介した、一般的な両替店にある両替レートのボード。


shop_A


今回注目するのは「売出 SELL」という3列目。両替店を主語にしてこの意味を考えます。

すると、売出 SELLというのは「両替店があなたにその通貨を売りますよ」という意味です。つまり、あなたが渡すのは現地通貨(香港ドル)、両替店があなたに渡すのは外貨(日本円)です。この売出 SELLというのが、香港ドルを日本円に変える場合のレートになります。


実際に計算してみよう


写真6行目のJPY  日元 という所を見ると、640とあります。これは、10,000円(JPY)が640香港ドル(HKD)になるという意味です。


つまり、1香港ドル=15.625円になります。


あなたが100香港ドルを渡すと、100 × 15.625 = 1562.5円 になります。ただ、ここは香港ですので、日本の硬貨の用意は通常ありません。その為、1,000円単位での両替になります。


この場合だと、562.5円が切り捨てられて1,000円となり、残りの562.5円分は香港ドルで戻される事になります。

562.5円は36香港ドルですので、1枚の100香港ドル紙幣が、


1,000円札+20香港ドル札+10香港ドル札+5香港ドル硬貨+1香港ドル硬貨


という形になります。なんだか損したような気分ですが、外国では日本円は紙幣しか取り扱っていないという事は是非覚えておきましょう。

この場合、余ってしまった36香港ドルは、空港などでの買い物かコンビニなどで使うしか無いですね。もしくは、香港在住の日本人に知り合いがいれば、買い取ってもらうという方法もあります。


両替店同士を比較してみよう



さて、ここで問題です。
以下の3つの写真を見てください。(前の記事の使い回しですみません)
それぞれにレートがありますね。

Q.香港ドルを日本円に両替する場合、一番レートが良いのはどこでしょうか?

【両替店A】

shop_B

【両替店B】

shop_C

【両替店C】

shop_A



両替レートの見方に慣れるために、是非ご自分で計算してみて下さい。


20150626



さて、答えはというと、BUYレートの時と同じく


両替店B


ですね。


実際に見てみましょう。それぞれのレートは、

場所SELL
両替店A065
両替店B0.0633
両替店C640

となっています。単位は是非統一してほしいものですね笑


分かりやすくするために、1円単位の表記に変更しましょう。すると、このようになります。


場所SELL
両替店A0.0650
両替店B0.0633
両替店C0.0640


これはつまり、1円がいくらになるかというのを書いています。1香港ドルが何円になるかを知るためには、 1 ÷ レート を計算すればいいですね。その結果、


場所SELL
両替店A15.38
両替店B15.79
両替店C15.62


となり、一番レートが良いのは両替店Bとなります。


仮に旅行を終える段階で300香港ドル余っていたとしましょう。すると、各店で両替すると


両替店A → 4,614円
両替店B → 4,737円
両替店C → 4,686円


となります。先にも書いたように、1,000円以下は切り捨てで香港ドルに戻りますので、両替店だけの違いで見ると、もらえる日本円は変わらないという事になりますね。

という事で、端数の香港ドルをあまり気にしないのであれば、どこの両替店を使うかをあまり意識する必要も無いのかもしれません。


そして、日本円で1,000円相当以下になってしまう香港ドル、今の為替で言うとだいたい60香港ドル位だと思いますが、このくらいの額の香港ドルは残しておいても結局両替できないので、現地で使ってしまいましょう。


まとめとして、もうお分かりかと思いますが、SELLのレートは数字が小さい方が良いレートです。


SELLレートは小さい数字の方がお得!


香港ドルを日本円に両替する場合のケースについてご理解頂けましたでしょうか?各両替店の数値の桁数の違いに戸惑う事なく、すぐにレートを判断できるようになるといいですね。


完全料金後払い!1口座につき32,000円!HSBC口座開設サポートのお申込みはこちら

hsbc_support



既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。

hsbc_unfreeze_01




最新の両替レートは毎日こちらで確認出来ます。

各両替所の詳細をご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
※情報はもちろん無料です。

hk.underground.net@gmail.com


こちらでも香港旅行&香港生活情報満載!

クリックすると香港情報が集まるランキングサイトへリンクします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
主に香港現地に住む方々だけが知るローカル情報、レストラン、遊び方、行くべき観光スポットなどの情報が満載です!