香港アングラの世界〜両替レート毎日更新〜

香港旅行、資産移転、居住を考えている方へ、両替・為替レートやマカオの風俗・サウナなどのアングラ情報をお届け!HSBC口座開設や凍結解除ももちろんサポート!

    カテゴリ:香港マネー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

    re_obelisk-reflection_2


    香港で比較的お得な両替店がある事で有名な重慶大厦(チョンキンマンション)。
    多くの両替店がひしめくこの場所には、レートの良い両替店もあれば非常に悪い、ほぼボッタクリに近いお店がある事も同時に有名です。

    そこで、ある日の両替レートで、一番レートの良い店と悪い店でどれだけ差があるのか比較してみました。

     

    hsbc_diagnosis 

    まずはここが重慶大厦(チョンキンマンション)です

    re_20150629_172001

    行き方については色々なWEBで紹介されているのでそちらを見て頂くとして、外観はこんな感じです。相変わらず怪しい中東系の方々がたむろしています。日本語で声を掛けてくる輩もいますが完全に無視しましょう。良い話であるはずが無いです。

    念のため地図も載せておきます。
    クリックするとGoogle Mapsが開きます。
    MTRで行かれる場合は尖沙咀(Tsim Sha Tsui)駅からだとD1出口が近いです。

    screenshot_1397



     

    入り口の両脇にいきなり店を構えるボッタクリ店

     

    ここが重慶大厦の面白い所ですが、入り口の左右にある両替店が一番レートの悪いボッタクリ店です。

    こちらが右側の店。
    re_20150629_172822

    こちらが左側の店
    re_20150629_172833

    左側のお店の店員さんがちょっと美人のお姉さんである辺り、悪意を感じます。

    さて、この両店のレートですが、BUYレートで0.05638という驚異的なレートを叩きだしておりました。

    近年稀に見るボッタクリです。

    後でこの数字を比較してみましょう。

    ※ちなみに、何も知らない人から見ればこれはボッタクリだと思いますが、ただレートが悪いというだけで違法でもなんでもないので、彼らに文句を言うことは出来ません。。。引っかかる方が悪いという事ですね。


     

    では普通のレートのお店は?


    少し奥に入って行くと、大手の雰囲気を醸し出すお店がいくつか出てきます。


    こちらのKING SHING MONEY EXCHANGEは店構えからしてちゃんとしており、BUYレートも0.0628と良いです。
    場所は入ってしばらく歩いていくと左側に見えるのですぐに分かると思います。

    re_20150629_172633


    もうひとつはSINGAPORE EXCHANGEで、こちらも同じ0.0628ですね。
    こちらは歩いて右側にあります。これもすぐに分かります。

    re_20150629_172104



     

    奥に行くほどレートが良くなる?


    上記のお店は全て1階(香港流で言えばG/F グラウンドフロア)の両替店のみ紹介してきましたが、重慶大厦には禁断の2階(香港流で言えば1階)があります。


    1階を真っ直ぐ進んでいくと階段があります。
    こんな狭い階段で怖いかもしれませんが、躊躇なく進むことが大事です。

    re_20150629_172625


    2階に登るとまたいくつか両替店がありますが、その中で優良店はひとつだけです。



     

    最高レートのPACIFIC EXCHANGE


    re_20150629_172300

    2階に上がってすぐ右手に、PACIFIC EXCHANGEというお店があります。

    ここが重慶大厦の中で一番レートが良いお店になります。

    さて、ここのレートを見てみると、

    re_20150629_172250


    0.0629とあります。

    ここが一番良いですね。

    勇気を出して2階まで足を踏み入れるたものだけに訪れる達成感です。


     

    10万円両替すると?


    ようやく結論です。

    今までのレートをまとめると

    場所BUYレート10万円を両替すると
    入り口左右のボッタクリ店0.056385,638HKD
    KING SHING MONEY EXCHANGE0.062806,280HKD
    SINGAPORE EXCHANGE0.062806,280HKD
    PACIFIC EXCHANGE0.062906,290HKD


    その差額は、なんと652香港ドル

    652香港ドルとは、つまり日本円に直すと 652 × 16=10,432円!?

    10万円を両替する時に、重慶大厦の入り口で急ぎで両替するのと、ちょっと奥まで行ってレート比較して両替するのではなんと1万円も差が出る事が分かりました。

    10%の損と言う事ですね。

    両替は賢く行いましょう。




    両替関連記事も随時更新中!


    hsbc_diagnosis

    各両替所の詳細をご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
    ※情報はもちろん無料です。

    hk.underground.net@gmail.com



      

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
    にほんブログ村 為替ブログへ



     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    re_20150623_153723


    前回の記事では、最も多いケースとなる、日本円から香港ドルへの両替をする際のレートの見方についてご紹介しました。

    両替レートの見方のキホン①〜日本円から香港ドルに変えるBUYレート〜

    今回はその逆、香港ドルを日本円に変える時のレート、SELLレートの見方についてご紹介します。ついつい多めに両替してしまった、かといって香港ドルを持っていてもしょうがない、という場合には日本円に戻す必要がありますね。

    ただ、両替店は基本的にBUYレートとSELLレートの差額で儲けるビジネスですので、通常は前に持っていた日本円よりも少なくなってしまいます。

    余談ですが、両替店は結構おいしいビジネスです。両替店の利益は主に以下の2つで成り立っています。

    1.両替サービスにおけるBUYレートとSELLレートの差

    いわゆるビッド・オファー・スプレッドですね

    2.送金サービスにおける送金手数料

    いわゆる地下銀行です。
    両替店に現金を持ち込み、「◯◯の口座に送金してください」と依頼すると、いつの間にか送金されています(笑)。それがたとえ香港の銀行であっても、中国の銀行であってもです。この送金サービスは多額の資金を扱うことも多く、ここからの手数料(1%〜5%くらい)はかなり大きいと思います。尚、この送金サービス(地下銀行)について色々と勘違いされている方も多いですが、香港内では全く違法ではありません。

    固定資産がほとんど無く、お金を動かすだけで利益が出るのですから、香港に両替店が多いのもうなずけますね。

    この両替店ビジネスについてはまた別の記事でご紹介したいと思います。


    既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。

    hsbc_unfreeze_01

    SELLレートはあなたが外貨(日本円)を買う(受け取る)時のレート


    少し話がずれてしまいましたが、こちらは前の記事でもご紹介した、一般的な両替店にある両替レートのボード。


    shop_A


    今回注目するのは「売出 SELL」という3列目。両替店を主語にしてこの意味を考えます。

    すると、売出 SELLというのは「両替店があなたにその通貨を売りますよ」という意味です。つまり、あなたが渡すのは現地通貨(香港ドル)、両替店があなたに渡すのは外貨(日本円)です。この売出 SELLというのが、香港ドルを日本円に変える場合のレートになります。


    実際に計算してみよう


    写真6行目のJPY  日元 という所を見ると、640とあります。これは、10,000円(JPY)が640香港ドル(HKD)になるという意味です。


    つまり、1香港ドル=15.625円になります。


    あなたが100香港ドルを渡すと、100 × 15.625 = 1562.5円 になります。ただ、ここは香港ですので、日本の硬貨の用意は通常ありません。その為、1,000円単位での両替になります。


    この場合だと、562.5円が切り捨てられて1,000円となり、残りの562.5円分は香港ドルで戻される事になります。

    562.5円は36香港ドルですので、1枚の100香港ドル紙幣が、


    1,000円札+20香港ドル札+10香港ドル札+5香港ドル硬貨+1香港ドル硬貨


    という形になります。なんだか損したような気分ですが、外国では日本円は紙幣しか取り扱っていないという事は是非覚えておきましょう。

    この場合、余ってしまった36香港ドルは、空港などでの買い物かコンビニなどで使うしか無いですね。もしくは、香港在住の日本人に知り合いがいれば、買い取ってもらうという方法もあります。


    両替店同士を比較してみよう



    さて、ここで問題です。
    以下の3つの写真を見てください。(前の記事の使い回しですみません)
    それぞれにレートがありますね。

    Q.香港ドルを日本円に両替する場合、一番レートが良いのはどこでしょうか?

    【両替店A】

    shop_B

    【両替店B】

    shop_C

    【両替店C】

    shop_A



    両替レートの見方に慣れるために、是非ご自分で計算してみて下さい。


    20150626



    さて、答えはというと、BUYレートの時と同じく


    両替店B


    ですね。


    実際に見てみましょう。それぞれのレートは、

    場所SELL
    両替店A065
    両替店B0.0633
    両替店C640

    となっています。単位は是非統一してほしいものですね笑


    分かりやすくするために、1円単位の表記に変更しましょう。すると、このようになります。


    場所SELL
    両替店A0.0650
    両替店B0.0633
    両替店C0.0640


    これはつまり、1円がいくらになるかというのを書いています。1香港ドルが何円になるかを知るためには、 1 ÷ レート を計算すればいいですね。その結果、


    場所SELL
    両替店A15.38
    両替店B15.79
    両替店C15.62


    となり、一番レートが良いのは両替店Bとなります。


    仮に旅行を終える段階で300香港ドル余っていたとしましょう。すると、各店で両替すると


    両替店A → 4,614円
    両替店B → 4,737円
    両替店C → 4,686円


    となります。先にも書いたように、1,000円以下は切り捨てで香港ドルに戻りますので、両替店だけの違いで見ると、もらえる日本円は変わらないという事になりますね。

    という事で、端数の香港ドルをあまり気にしないのであれば、どこの両替店を使うかをあまり意識する必要も無いのかもしれません。


    そして、日本円で1,000円相当以下になってしまう香港ドル、今の為替で言うとだいたい60香港ドル位だと思いますが、このくらいの額の香港ドルは残しておいても結局両替できないので、現地で使ってしまいましょう。


    まとめとして、もうお分かりかと思いますが、SELLのレートは数字が小さい方が良いレートです。


    SELLレートは小さい数字の方がお得!


    香港ドルを日本円に両替する場合のケースについてご理解頂けましたでしょうか?各両替店の数値の桁数の違いに戸惑う事なく、すぐにレートを判断できるようになるといいですね。


    完全料金後払い!1口座につき32,000円!HSBC口座開設サポートのお申込みはこちら

    hsbc_support



    既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。

    hsbc_unfreeze_01




    最新の両替レートは毎日こちらで確認出来ます。

    各両替所の詳細をご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
    ※情報はもちろん無料です。

    hk.underground.net@gmail.com


    こちらでも香港旅行&香港生活情報満載!

    クリックすると香港情報が集まるランキングサイトへリンクします。
    にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
    主に香港現地に住む方々だけが知るローカル情報、レストラン、遊び方、行くべき観光スポットなどの情報が満載です!


     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

    香港では街中の要所要所に両替専門店が点在しています。

    旅行中の方は特にその両替店の数に圧倒され、一体どこで両替したらいいのかわからなくなる事もあるでしょう。もしくは、あった!と思ったらエイヤ!で両替してしまう人もいるかもしれませんね。


    e5bb4f73


    この写真に写っているお店は全て両替店です。
    マネーの街、香港では両替ビジネスは激戦区、各店舗がしのぎを削っているのです。

    さて、そんな両替店ですが、両替レートの見方は初めて見る人にとっては戸惑うもの。
    今回はその見方を紹介します。

    まずは最も多いケースとなる、日本円から香港ドルへの両替です。


    hsbc_diagnosis

    BUYレートはあなたが外貨(日本円)を売る(渡す)時のレート



    こちらが一般的な両替店にある両替レートのボード。


    shop_A


    1列目に通貨、2列目と3列目に数値が並んでいますね。
    この2列目と3列目が本日のレートになるわけですが、「買入 BUY」と「売出 SELL」という2種類がありますね。これは何でしょうか?

    両替店を主語にして考えます。

    すると、買入 BUYというのは「両替店があなたからその通貨を買いますよ」という意味です。

    つまり、あなたが渡すのは外貨、両替店があなたに渡すのは香港ドルです。

    この買入 BUYというのが、日本円を香港ドルに変える場合のレートになります。

    試しに米ドルの場合を見てみましょう。

    写真1行目のUSD 美元 という所を見ると、772とあります。

    これは、100米ドル(USD)が772香港ドル(HKD)になりますという意味です。

    つまり 1USD = 7.72HKDです。

    1,000USDを渡した場合、1000 × 7.72 = 7,720HKD をあなたは受け取る事になります。


    日本円の場合



    日本円の場合はどうでしょうか。

    写真6行目のJPY  日元 という所を見ると、600とあります。

    これは、100円(JPY)が600香港ドル(HKD)になるという意味でしょうか?

    違いますね。

    ここが両替レートの見方の少し面倒くさい所なのですが、通貨によって表記の仕方、単位が少し異なります。

    色々な事情があるのでしょうが、この掲示板で言えば、全通貨に対し3桁の数字でレートを表現しようとする為にこのような事になっているのだと思います。

    さて、日本円の場合、このレートでは10,000円(JPY)が600香港ドル(HKD)になるという意味になります。

    つまり、1JPY = 0.0600HKDです。

    100,000JPYを渡した場合、100,000 × 0.0600 = 6,000HKD をあなたは受け取る事になります。

    もうお分かりかと思いますが、BUYのレートは単純に数字が大きい方が良いレートです。


    BUYレートは大きい数字の方がお得!



    実際に両替をシミュレーションしてみよう!



    さて、ここで問題です。
    以下の3つの写真を見てください。
    それぞれにレートがありますね。

    Q.日本円を香港ドルに両替する場合、一番レートが良いのはどこでしょうか?

    【両替店A】

    shop_B

    【両替店B】

    shop_C

    【両替店C】

    shop_A



    両替レートの見方に慣れるために、是非ご自分で計算してみて下さい。


    20150623_2


    さて、答えはというと、


    両替店B


    ですね。


    実際に見てみましょう。

    それぞれのレートは、

    場所BUY
    両替店A061
    両替店B0.0623
    両替店C600

    となっています。

    単位は是非統一してほしいものですね笑

    分かりやすくするために、1円単位の表記に変更しましょう。

    すると、このようになります。


    場所BUY
    両替店A0.0610
    両替店B0.0623
    両替店C0.0600


    BUYレートは大きい数字の方がお得! ですので、レートが良いのは両替店Bとなります。

    日本円を両替するといくらになるかを知るためには単純にかければよいので、10万円であれば、

    100,000 × 0.0623 = 6,230HKD

    となります。


    日本円を香港ドルに両替する場合のケースについてご理解頂けましたでしょうか?

    各両替店の数値の桁数の違いに戸惑う事なく、すぐにレートを判断できるようになるといいですね。



    さて、一方で売出 SELLというのは、「両替店があなたにその通貨を売りますよ」という意味です。
    つまり、あなたが渡すのは香港ドル、両替店があなたに渡すのは外貨です。
    これについてはまた別の記事でご紹介します。


    両替関連記事も随時更新中!

    完全料金後払い!1口座につき32,000円!HSBC口座開設サポートのお申込みはこちら

    hsbc_support


    既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。

    hsbc_unfreeze_01

    最新の両替レートは毎日こちらで確認出来ます。

    各両替所の詳細をご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
    ※情報はもちろん無料です。

    hk.underground.net@gmail.com


    にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
    にほんブログ村 為替ブログへ



      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    e5bb4f73


    両替レートは半径数メートル以内で全然違います



    両替店が至る所に密集している香港。

    旅行者の場合、繁華街等で両替店が集まっている所を見つけたら、あまり比較せずに両替を行ってしまいがちです。せっかく旅行に来ているのに両替なんかに時間をかけたくないという心理が働くのもわかります。

    でも、ちょっと待って下さい。
    両替レートは地域ごとでも当然異なりますが、同じ地域でも店によってかなり違います。

    そこで、ある日の上環における両替店密集地帯の3つの店舗のレートを比較してみました。※もちろん、同じ日、同じ時間帯です。

    ここでは、日本円10万円を香港ドル(HKD)に両替することを考えます。


    hsbc_diagnosis

    10万円は香港ドルでいくらになるか〜A店の場合〜



    まずはA店から見てみましょう。


     shop_A


    JPY 日元という行の、BUYという列を見ると「600」とあります。

    これは、10,000円が600香港ドルになりますよという意味です。

    もしくは、こちらの方が一般的な見方になりますが、数字の前にゼロが2つ省略されていると思って下さい。

    つまり、「0.0600」であると考えると、両替したい数字に「0.0600」を掛けると、香港ドルの金額が計算出来ます。

    この場合、

    100,000円 × 0.0600 = 6,000香港ドル

    となりますね。


    10万円は香港ドルでいくらになるか〜B店の場合〜


    では次にB店を見てみましょう。


    shop_B


    基本的な見方は同じです。

    日圓 JPY という行の BUY という列に「061」とありますね。
    この場合、ゼロがひとつ前に隠れていると考えてください。
    つまり、A店と桁数を合わせるなら、「0.0610」となります。
    B店の場合、

    100,000円 × 0.0610 = 6,100香港ドル

    となりますね。
    A店よりも100ドル得をする事になります。


    10万円は香港ドルでいくらになるか〜C店の場合〜


    では最後にC店を見てみましょう。


    shop_C


    JPY 日元 の WE BUYを見ると「0.0623」とあります。
    つまりC店の場合、

    100,000円 × 0.0623 = 6,230香港ドル

    となります。


    半径数メートル以内で両替金額は3%以上も違う!



    場所WE BUY10万円を両替すると
    A店0.06006,000HKD
    B店0.06106,100HKD
    C店0.06236,230HKD

    同じ上環地域でも、半径10m以内で230香港ドルの違いが出てきます。

    たった230ドルと思われるかもしれませんが、日本円にすると約3,500円。
    10万円の両替で3,500円の違いという事は、両替屋の選び方次第で3.5%も損をする場合があるという事です。これは決して無視できませんね。

    尚、230香港ドルあれば、美味しい飲茶が2回は食べられます(笑)
    お友達へのお土産も1つ2つ増やすことが出来ます。

    たった数分、何店舗かを見て回るだけでこれだけ得をするなら見て回ったほうがいいですよね。

    マネーの街、香港では賢い両替をして少しでも旅を楽しみましょう!


    【補足】電光掲示板でレートを表示する両替店


    C店では両替レートが電光掲示板を使って表示されています。
    あくまで一般論ではありますが、このように電光掲示板を使っているお店の方が、ボッタクリである事が少なく、レートが良い事が多いです。お店としてそれなりにしっかりしている事の証でもあります。
    A店、B店のようにアナログの掲示(手書きも含む)のお店は、レートの反映がいい加減だったりする場合があります。
    時には、相手が外国人(特に日本人!)である事がわかると、「このレートは古いレートだ。今のウチのレートはこれだよ。」と全然低いレートを言われる事もあります。
    こういう場合、交渉すればレートは多少良くはなりますが、そもそも掲示板通りのレートで両替してくれるお店で両替をした方がよいです。
    おかしいなと思ったら勇気を持って断りましょう。

    良い両替屋の見分け方、両替で損をしない方法について、また別の記事でご紹介する予定です。


    hsbc_diagnosis

    各両替所の詳細をご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。

    ※情報はもちろん無料です。

    hk.underground.net@gmail.com

      



    にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
    にほんブログ村 為替ブログへ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    com-assets_c-2015-05-N752_2senensatu-thumb-1000xauto-14160


    香港旅行に来られる場合、香港で両替するほうが得になります。 

    一番得をする方法は、香港の街の両替屋でレートの良い所を探すことなのですが、
    まずは単純に日本の銀行と香港の銀行を比較して検証してみましょう。
    ※6月11日時点のレートをもとに比較します。

    日本の三菱東京UFJ銀行のレートは、WEBで確認すると、

    日本円→香港ドル 16.29円 とあります。

    http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/sp_kawase.html 

    つまり、1万円が約613香港ドルになるという事です。

    一方、香港最大の銀行であるHSBCでは、

    TT Bank Buy 0.06211

    とあります。

    https://www.hsbc.com.hk/1/2/hk/investments/mkt-info/fcy 

    つまり、1万円が約621香港ドルになるという事です。
     

    1万円に対して約8香港ドル、つまり120円程度ですから大した差ではないと思うかもしれませんが、金額が大きくなると無視できなくなります。

    銀行同士だとまだマシですが、日本の空港で両替するのが恐らく一番損になりますのでお気をつけ下さい。

    どこで両替するのが一番得か、というテーマについては今後も検証結果とともに書いていく予定です。

     
    hsbc_diagnosis

    にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
    にほんブログ村 為替ブログへ



    このページのトップヘ