香港アングラの世界〜両替レート毎日更新〜

香港旅行、資産移転、居住を考えている方へ、両替・為替レートやマカオの風俗・サウナなどのアングラ情報をお届け!HSBC口座開設や凍結解除ももちろんサポート!

    カテゴリ:夜総会

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

    夜総会の料金まとめ

    この記事では夜総会でかかる料金について解説していきます。
    その前に「夜総会って何?」という方はまずコチラをご覧ください。

    まず結論から書きますと、夜総会にかかる費用は入店するお店、入店時間、そして内容(やる事)によって大きく変わりますが、ざっくりまとめると以下の表のようになります。



    右端の列の費用総額は、だいたいこれくらいの金額を持っていけば安心という金額(単位は香港ドル)です。夜総会に突撃される際は参考にしてみてください。



    夜総会(ナイトクラブ)の料金体系は大きく3つ

    夜総会(ナイトクラブ)の料金体系は、大きく3つに分かれます。

    • 基本料金(入場料+1時間の飲み食い代)
    • 連れ出し料金(女の子との☓☓☓+部屋代)
    • 女の子へのチップ(連れ出し☓☓☓後)

    店内での飲み食いだけであれば、基本料金を払うだけで済みますが、その後の連れ込み、いわゆる「お持ち帰り」をしようと思うと、さらに料金を払う必要が出てきます。

    基本料金は時間により金額が異なります

    夜総会は時間帯によってコースに違いがあり、それぞれ開心、茶舞、晩舞などの名前がつけられています。コース基本料金には入場料と店内での飲食代を含んでいます。もちろん女の子の指名も基本料金内でできます。ほとんどの場合、夜総会への入店から出店までの料金は、この基本料金さえ払えば他に費用はかかりません。VIPルームなどを使用したい場合は追加料金が必要となります。


    この基本料金の平均的な料金・予算は、入店する時間によってかなり変わってきます。

    開心: 700~900香港ドル程(16時~19時まで)
    茶舞: 900~1400香港ドル程 (16時~22時まで)
    晩舞: 1000~1500香港ドル程 (21時~23時まで)
    子夜: 1600~1800香港ドル程 (23時~翌朝4時まで)
    子夜は、お店により基本料金の他に連れ出しも含む場合もあり
    ※一般的な例です。時間などはお店により異なりますので注意して下さい。

    連れ出し料金は1500~2000香港ドル(ショート)

    夜総会の一番の醍醐味である「連れ出し」をするには、入店や飲食の基本料金の他に、追加料金を払う必要があります。連れ出しには、2時間のショートと翌日の朝まで女の子と一緒にいられるロングのコースがあり、料金もコースにより大きく変わってきます。

    ショート: 1500~2000香港ドル程 (2時間)
    ロング: 2000~3000香港ドル程 (翌日の朝まで)
    ※一般的な例です。お店により時間や料金も異なる場合があるので要注意して下さい。

    また、連れだしをする場合は、女の子を連れ出す先を自分の宿泊先のホテルか、夜総会に併設してあるホテルの一室もしくはプレイルームを借りるかの選択をしなければなりません。店内の部屋を利用する場合、お店によっては上記の連れだし料にルーム代金が追加で必要になる場合がありますので、ママさんやスタッフに料金・システムの確認を必ずするようにしましょう。

    連れだしてコトを終えた後はチップを払う

    夜総会から女の子を連れだし、コトを終え、ショートなら2時間、ロングなら翌日の朝までの時間が経過したら、女の子からチップの請求をされます。チップの相場は、100~300香港ドル程。


    このチップは、お店によりますし、同じお店でも女の子や時間によっても変わってきますので、このチップ料金もママさんに事前に確認をする事をお勧めします。


    ショートよりもロングの方が常識としてチップを多めにあげるべきでしょう。こちらもロング料金を払っているとは言え、朝まで一緒にいてくれた女の子にたった100ドルではちょっと可哀想な気がしますね。


    ただ、私ダニーの場合、朝まで一緒にいようがサービスが良くなかった娘には否応なく100ドルで済ませますが(笑) 中国語さえ喋れば女の子と仲が悪くなったりする事はまずありませんので、費用を安く済ませ、かつ楽しむためにも最低限の中国語を覚えることをお勧めします。  


    お店によっては、チップも連れだし料金に含んで、お店で全て精算する夜総会もあるので、連れ出す際は総額でいくらかかるのかをママにチェックするようにしましょう。

    夜総会の平均的な料金・予算

    以上とまとめると、この記事の一番最初に置いた表のような料金表となります。女の子との☓☓☓をすると想定して安心して楽しむ為には最低3,000HKDは持って行った方が無難だと思います。一晩過ごしてやるぜという場合は5,000HKDが目安です。


    また、入店時間が早い+ロングコースの場合、お店滞在の延長料金がかかる場合がほとんどです。お店に1時間追加滞在する毎に1,000HKD以上はかかると考えておいた方がよいでしょう。

    クーポンを利用するとお得

    夜総会を利用する際はクーポン券を利用すると、お得で料金体系も簡単になり、非常に便利です。風俗サウナのクーポン券もありますが、サウナよりも夜総会の方がクーポンを利用すると割合が良い場合が多いので、夜総会に行く予定がある方はクーポンが手に入れられる香港経由でのマカオ入りをお勧めします。
    両替関連記事も随時更新中!


    完全料金後払い!1口座につき32,000円!HSBC口座開設サポートのお申込みはこちら

    hsbc_support



    既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。


    hsbc_unfreeze_01


    夜総会について詳細をご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
    ※情報はもちろん無料です。

    hk.underground.net@gmail.com



    こちらでも香港旅行&香港生活情報満載!


    にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    Hong-Kong-s-Club-Bboss-011

    夜総会の目的は連れ出し


    香港の夜総会(ナイトクラブ)は、日本や欧米のナイトクラブとは全く異なるもので、中国にあるカラオケ(KTV)と少し似ています。最も近いのはタイのゴーゴーバーかもしれません。


    店では女の子がショー形式で踊っているので、それを見ながら飲んだり、相手に付いた女性(気に入った女性を選ぶことができます)を連れ出すのが目的で行く店です。


    ほぼ売春クラブですが、夜総会はちゃんとした店構えと看板をかかげているところも多く、まず安全と思ってよいと思います。

     
    外国人向けの所では豪華なショーを売り物にしているところが多く、ショーを楽しみながら飲むという欧米人っぽい遊び方も出来ます。

    尖沙咀(チムチャーツイ)近辺は安全、佐敦(ジョーダン)や旺角(モンコック)は注意!



    ただ、場所によって形態が違うので注意が必要です。

    観光客の多い尖沙咀や香港島北部では概ね安全。

    香港人の繁華街、ジョーダン(佐敦)や、モンコック(旺角)で看板を出している「夜総会」は香港人向けのデートクラブなので、店も狭く、香港ヤクザの営業なので危険です。日本人が入るのは危険と言えるでしょう。

    マカオの大きいお店は安全です。 


    香港で売春は違法ではないの?

    1107-RIMG0020

    香港には、日本のような売春禁止法は無く、1対1で店の外に出てしまえば、警察はいっさい関知しません。日本ならば、お金を払う行為を持って売春と認定しますが、香港にはそれが無いのです。つまり、半合法の売春なのです。客の男性はもちろん、女性も違法行為にはならないのです。
    もちろん、相手が未成年の場合は、別の法律で取り締まられますし、店の中での行為は、売春として取り締まりの対象になります。


    夜総会にかかる費用は場所によってかなり違います。
    連れ出し料は最低1,000HKDからと覚えておくとよいでしょう。
    マカオの夜総会ではトータル3,500HKD〜からかかります。 

    風俗・サウナ関連記事随時更新中!


    両替関連記事も随時更新中!


    完全料金後払い!1口座につき32,000円!HSBC口座開設サポートのお申込みはこちら

    hsbc_support



    既に口座をお持ちで活用できていない方へ。今の口座の状態を無料診断致します。

    hsbc_diagnosis




    夜総会について詳細をご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。
    ※情報はもちろん無料です。

    hk.underground.net@gmail.com



    こちらでも香港旅行&香港生活情報満載!


    にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


     

    このページのトップヘ